TOPICS 2022.02.03 │ 12:00

Febri RECOMMEND
身近になった「未来の宇宙」を軽やかに描く『地球外少年少女』

まだ目新しかったAR(拡張現実)技術を大胆に作中に採り入れ、話題を呼んだ『電脳コイル』。そんな意欲作を手がけた磯光雄監督の新作が、現在2週間限定上映&全世界配信中。「民間による宇宙開発」が進んだ2045年の近未来を舞台に、少年少女たちが未曾有の危機に立ち向かう。ユニークな未来描写と骨太なストーリー展開に注目の一作だ。

文/宮 昌太朗

身近になった「未来の宇宙」を軽やかに描く

イーロン・マスクやジェフ・ベゾスが民間による宇宙船を打ち上げるなど、近年、注目を集める「宇宙の商業利用」。その影響もあるのだろうか、2010年代に入ってから、それまでのSF映画とは毛色の異なる「宇宙映画」がいくつも公開されるようになってきた。火星に取り残された宇宙飛行士が孤軍奮闘するマット・デイモン主演の『オデッセイ』、宇宙での船外活動中にデブリに襲われた宇宙飛行士が、地球への帰還を目指す『ゼロ・グラヴィティ』あたりが代表格だろうか。いずれも、宇宙飛行が身近になった世界を舞台に、ある種のリアリティを持って、危機と対峙する人々を描いているのが特徴だ。

そしてこの『地球外少年少女』もまた、そんな「新しい宇宙映画」の流れに乗りつつ、磯光雄監督らしい奔放なイマジネーションと、ヒネリの効いた作劇が楽しい一作だ。

舞台は人類が宇宙進出を果たした2045年。物語は、人類で初めて月で生まれた子供たち――相模登矢(さがみ・とうや)と七瀬・Б・心葉(ななせ・べー・このは)が暮らす商業ステーション「あんしん」に、宇宙体験キャンペーンに当選した美笹美衣奈(みささ・みいな)たちがやって来る場面から幕を開ける。

すでに全話配信が始まっているが(前後編に分け2週間限定で劇場でも上映中)、まずはその細やかなディテールの積み重ねに舌を巻く。冒頭、ベッドらしきところから起き上がった途端に、よろけそうになる登矢。もともと月生まれで、無重力状態が普通の登矢にとっては、重力のある環境のほうが不慣れ。わずかな描写で「未来」の空気を感じさせる演出が面白い。

そうかと思うと、美衣奈たちが宇宙船の窓から眺める「あんしん」の外観も強烈だ。スポンサーである服飾メーカーのロゴマークが外壁に大きく掲げられ、巨大なカニの看板が器用に手足を動かす。企業の宇宙進出が「広告」という形で表現されているわけだが、そのどこか間抜け(だけど、現実にもありそう)な見せ方もうまい。この他、登矢や美衣奈たちが使う携帯端末・スマート(手のひらや甲にコンピュータの画面を投影する仕組み)など、ありうる(かもしれない)未来の姿を描き出す描写の数々。その「近未来の宇宙」の姿に心惹かれる。

もちろん、本作はそんな「楽しく愉快な未来の宇宙」を描くだけの作品ではない。宇宙ステーションに急接近する彗星。降り注ぐ隕石によって、登矢や美衣奈たちは生命の危機にさらされることになる。次々と襲いかかるトラブルを、いかにして登矢たちは乗り越えていくのか。手に汗を握るスリリングな展開と、危機的な状況で培われていく子供たちの絆。堂々とした筋運びがなにより楽しい。

しかも物語は、宇宙ステーションからの脱出劇だけでは終わらない。後半では物語はここから大きく展開し、思いがけない飛躍を見せることになる。その鍵を握るのは、登矢たちの冒険を陰で支えるAI群。……なのだが、この先は実際に見てのお楽しみ。まずは今、上映されている前半部をご覧いただければと思う。endmark

作品情報

『地球外少年少女』
前編大ヒット上映中、2月11日(金)後編、新宿ピカデリー他にて各2週限定劇場上映
劇場公開限定版Blu-ray&DVD2月11日(金)発売
Netflixにて世界同時配信中(全6話一斉配信)

  • © MITSUO ISO/avex pictures・地球外少年少女製作委員会