TOPICS 2022.09.22 │ 12:45

アムロ・レイの演じかた
~古谷徹の演技・人物論~ 第5回(前編)

第5回 古谷徹(アムロ・レイ)×飛田展男(カミーユ・ビダン)

『機動戦士Ζガンダム』で新世代の主人公を演じた飛田展男氏。戦いに疲弊したかつての英雄アムロ・レイと、地球連邦軍の内部に身を潜めるシャア・アズナブルといった主要キャラクターたちとの共演はどうだったのか。当時の思い出や新訳となった劇場版での演技について語ってもらった。

取材・文/富田英樹 撮影/高橋定敬 ヘアメイク/氏川千尋 スタイリスト/安部賢輝 協力/青二プロダクション、バンダイナムコフィルムワークス

カミーユ役の候補には井上和彦氏も⁉

――そういう意味では古谷さんと同じ気持ちだったとも言えますね。
古谷 そうだよね。だって続編をやりだしたら某宇宙戦艦と一緒になってしまう。
飛田 それをそのまま言ってしまったんですよね、そのときに。
古谷 あ、言っちゃったの、やっぱり(笑)。それは、でも本音ということだよね。
飛田 掛け値なしの本音ですよね。僕自身『機動戦士ガンダム』のファンで、続編をやることには否定的でしたけど、主人公をやりたい気持ちはもちろんありましたから、真剣に取り組んだ結果、ああいうことになったのかもしれません。
古谷 若かったんだよね。でも、カミーユという役柄には近かったとも言えるんじゃないかな。そういう反骨精神というか、反抗的なところが。
飛田 まさにそうなんです。プロになってから3年目くらいの駆け出しの頃で、当時の事務所の社長からは「オーディションに入れてやったから」という上から目線で言われたんです。それでカチンときて「あ、そうなんだ」と。
古谷 無理やり入れてやったぞ、みたいなね(笑)。でも、他の声優もオーディションは受けているんだろうね。
飛田 聞いたところでは、井上和彦さんもカミーユ役でオーディションを受けたとか。
古谷 ええ!? そうなんだ。でも、和彦がやっていたらカミーユの印象はかなり違っていただろうね。

『機動戦士Ζガンダム』をリアルタイムで視聴していた当時の小学生は、いわゆる第二次ベビーブーム世代(団塊ジュニアとか就職氷河期世代ともいわれる)。当時は鍵っ子という言葉ができるなど核家族化が進み、夫婦共働きで夜遅くまで帰宅できない親を待ってひとりで過ごす子供が多かった時代でもある。同世代の子供たちが多く、お前の代わりはいくらでもいると言われて使い捨てにされてきたゼータ世代。カミーユ・ビダンのように大人に噛みつく少年は、自分たちが内に秘めた怒りの具現化そのものだったのだ。

――当時、小学生だった視聴者にとっては、カミーユはとても感情移入しやすいキャラクターだったと思います。
飛田 カミーユの17歳という設定も、時代を反映していたのかもしれませんね。反抗期の少年少女による家庭内暴力とか、そういう事件が話題になったこともありましたから。
古谷 なるほど、同世代には共感しやすいキャラクターだったんだね。

――それでもさすがにシャアを殴るのはやりすぎだと思いましたけど。
古谷 ハハハ! そりゃそうだよね。
飛田 でも、世相を反映しているキャラクターだったのかなとは思います。
古谷 『機動戦士Ζガンダム』から好きになったという人、多いよね。数年の差なのに、少しのズレが大きく影響するんだね。
飛田 何歳のときに見たか、というのは大きな違いにつながりますね。
古谷 やっぱり富野監督も、時代を反映して作品を創っていたということなんだろうね。
飛田 当時、アニメ誌で『機動戦士Ζガンダム』の中で好きなキャラクター、嫌いなキャラクターの順位が発表されるんですけど、どちらにも4位くらいにカミーユがいるんですよ(笑)。
古谷 両方に入っているんだ(笑)。
飛田 そうなんです。今になって思うと、世代によって生意気なキャラになるか、感情移入できるキャラになるかが明確に分かれていたということなんでしょうね。

©創通・サンライズ

――エマ・シーンなんかは逆に、学校の先生みたいで苦手でした。
古谷 え、そうなんだ。エマは人気があると思っていた。
飛田 エマ役の岡本麻弥さんはあの役を演じるのにとても苦労されていて。というのも当時まだ18歳くらいでしたから、ああいうお姉さん役を演じるのは初めてだったんですよ。だから本当に一生懸命だったし、「私、年上の飛田さんを殴らなきゃならないんです」とか「私、ちゃんとお姉さんっぽくできていますか?」と悩んでいたから「いやいや、お芝居だから大丈夫だよ」って何度も励ましました。当時は10代の役をかなり年上の大人が演じていることが多かったですが、背伸びして年上の役を演じるほうが大変だったと思いますね。
古谷 実年齢から10歳くらい下の役を演じることが多いけど、僕がアムロを初めて演じた年齢と、飛ちゃんがカミーユを演じた年齢がちょうど一緒くらいなんだよね。
飛田 それぐらいのほうが役を突き放して見られるところもあるから、やりやすいというのはあります。でも、10代の少年を演じるのに40歳を過ぎていたりすると、それはまた別の意味で大変になりますよね。
古谷 そりゃそうだ。
飛田 新訳劇場版では、それを痛感しましたね。endmark

古谷徹
ふるやとおる 7月31日、神奈川県生まれ。幼少期から子役として芸能活動に参加し、中学生時代に『巨人の星』の主人公、星飛雄馬の声を演じたことから声優への道を歩み始める。1979年放送開始された『機動戦士ガンダム』の主人公アムロ・レイをはじめ、『ワンピース』『聖闘士星矢』『美少女戦士セーラームーン』『ドラゴンボール』『名探偵コナン』など大ヒット作品に出演。ヒーローキャラクターを演じる代名詞的な声優として現在も活動中。
飛田展男
とびたのぶお 11月6日、茨城県生まれ。少年時代から声優という職業に憧れを持ち、大学進学での上京をきっかけに声優への第一歩を踏み出す。劇団などを経て現在はアーツビジョンに所属。1985年の『機動戦士Ζガンダム』での主演をはじめ『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』『機動武闘伝Gガンダム』などガンダムシリーズにも多数出演している。古谷徹とは『名探偵コナン』(1996年)での共演が人気を呼び、同シリーズには欠かせないキャラクターになった。
中編(9月27日(火)掲載予定)に続く
イベント情報

GUNDAM FACTORY YOKOHAMA
2023年3月31日まで期間延長開催中!

■営業時間 時期によって変更する場合がございますので、公式WEBサイトをご確認ください。
■アクセス みなとみらい線「元町・中華街駅」より徒歩7分 横浜市営連節バス BAYSIDE BLUEバス停「山下ふ頭」下車徒歩3分 
※開催期間外の山下ふ頭エリアへの立ち入りは禁止されております。