TOPICS 2021.07.08 │ 12:00

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀3 
虚淵玄ロングインタビュー③

虚淵玄(ニトロプラス)が原案・脚本・総監修を務め、台湾布袋劇で随一の知名度とクオリティを誇る制作会社・霹靂國際多媒體股份有限公司(略称:霹靂社)が制作する、武侠ファンタジー人形劇『Thunderbolt Fantasy Project』。最新作『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀3』の魅力を深堀りするロングインタビューの第3回は、オンエアされた各話についてのコメントを掲載。これを読めば『Thunderbolt Fantasy Project』ワールドの設定、ドラマをディープに楽しめる!!

取材・文/前田 久

※本記事はTVシリーズ3期最終回までの内容を含みますので、ご注意ください。

・1話「無界閣」

虚淵 TVシリーズ3期の1話はTVシリーズ2期の最終話から時系列がつながっていて、3期が1期、2期で描かれた内容の総括から始まることを開示する必要がありました。だからTVシリーズ1期、2期で出てきた特殊な単語が飛び交ううえに、会話の量もちょっと多くなってしまいました(笑)。物語の導入部としての見せ場は、まずは無界閣の美術。2期は物語の都合上、普通の景色……荒野や廃屋のシーンが多かったので、3期はそうじゃない、常識離れした美術を見せたいという思いがあって、1話からその方向性を示してみました。そしてもうひとつ、新キャラクターの顔見せもポイントです。とくに、異飄渺の特殊なアクションを見ていただく話数になっているかと思います。

・2話「魔境漂流」

虚淵 2話は今回のキーアイテム、逢魔漏(オウマロウ)の力を見せる話数でした。3期はいろいろな場所を転々としながら冒険を繰り広げていくわけですが、その前提を理解してもらうために、このアイテムを使うと何が起こり得るのかを一気に畳みかけて開示する。そのために、セットやキャラを贅沢に使わせてもらいました。赤い髪の人とか、この話数でしか出てこないですからね。時間旅行は……あまり書くときは意識していませんでしたけど、SFのテーマとして好きなのかもしれません。あとは、いきなり危うい目に遭う捲殘雲も見せ場……かなあ(笑)。彼のことを心配する人はライター仲間にも多いんですけど、まあ、3期を生き延びた以上、このあとはそうそう死なないと思います。

・3話「愛執の皇女」

虚淵 萬軍破の物語を描く回ですね。萬軍破のバックボーンや葛藤は、この話数でほぼ説明しています。その裏で浪巫謠が刺されたり、婁震戒が義手になったりする話数でもありますが。浪巫謠は刺された結果、しばらく背負われっぱなしに。強いキャラクターであっても、あらゆる局面において無敵だと物語が成立しない。もろいときはとことんもろいというのが、自分のなかでは物語を描くうえで必要な要素だと思っています。浪巫謠が嘲風に黙って刺されてやるのは、彼自身、自分が異形の人間であることに対する引け目があって、結果はどうあれ、それを受け入れてくれた嘲風を裏切った負い目を抱え続けているんでしょうね。

・4話「魔剣の行方」

虚淵 4話は婁震戒が戦闘に乱入したり、睦天命が再登場したりする話数ですね。婁震戒のあたりは、書きながら「東映さんの作品っぽい展開だな」と思っていました。場を荒らす役の2号ライダーって、こういう動きをするよなあ……みたいな。『仮面ライダー』の現場を経験して、癖がついちゃったかな?みたいな気分になりました。婁震戒が新しい技を出すタイミングも、ライダーっぽいし(笑)。

・5話「妖姫伝説」

虚淵 5話は前話のラストで登場した睦天命と天工詭匠ががっつりとしゃべるのと、七殺天凌こと照君臨(ショウクンリン)の過去が一気に語られる回。大きな過去回想編とでもいいますか。七殺天凌の裏設定をこの回ですべて開示するために時間も場面もどんどん飛ぶので、セットや小道具を大量に新しく作る必要があって、撮影には負担を相当かけました。浪巫謠の傷を癒やす薬に関しては、この作品はファンタジーと銘打っている以上、ああいう飛び道具もありかなと考えました。キャラクターのダメージコントロールは、作品がハードになればなるほど難しいんです。アクションをやればダメージを負わないわけにはいかないけど、下手にキャラクターを傷つけすぎると戦線に復帰できなくなる。でも、魔法がある世界なら、徹底して弱体化しているキャラクターも一気に戦線に戻せる。これは活用しない手はないだろうと。

・6話「禍世螟蝗」

虚淵 6話の見どころは禍世螟蝗とのバトルシーンですね。3期でいちばんの見せ場かもしれないので、現場も力を込めて手がけてくださいました。ほかの撮影がひと通り終わったあと、満を持して撮ったんですよ。シリーズを通して最強のキャラクターとのバトルなので、そこはちゃんとしようと。ハイスピードカメラを使ったりして、見事にこちらの期待に応えてくれました。禍世螟蝗は速水奨さんの芝居も、圧倒的な感じでしたね。

・7話「魔界伯爵」

虚淵 この話数は魔界登場編みたいな感じですね。このあたりから、いろいろな人の思惑が交錯し始めて、話がこじれます。阿爾貝盧法の登場もここからですし。先の展開がわかりづらくて、見てくださった人に気を揉ませてしまったかもしれません。魔界の三兄弟は漠然と「『ヘル・レイザー』みたいなのがいいです!」とだけお伝えして、デザインから霹靂さんにおまかせしました。見たときは「布袋劇の世界でセノバイトを召喚するとこうなるのか!」みたいな、いい意味での驚きがありました。

・8話「陰謀詭計」

虚淵 このあたりは脚本を書くうえで悩みました。いろいろな勢力が入り乱れ、さらに各勢力も一枚岩ではなく、話がどんどんややこしくなっていく。さらに、この次の話で例のキャラクターの入れ替わりが起きるので、それに向けた配置の調整もありました。で、いざ見返してみると、殤不患がほぼ蚊帳の外の話だったんだなって(笑)。

作品情報

各配信サービスにて、好評配信中!

  • ©2016 Thunderbolt Fantasy Project